酔いどれ広報マン中国をゆく

drunkencn.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2014年 04月 21日

決定権

f0147301_14023510.jpg
我々のように、受託型でコミュニケーションの仕事をしていて、クライアント様から受けげちなご指摘が「このアイディア、ウチ(のブランド)じゃないと出来ないことではないよね」というニュアンスのご指摘。確かにそうで、そのブランドではないと出来ない、そのブランドだからこそ実施すべきアイディアということを追求することは大事なことだと思う。

しかしながらそういう影で、別に他ブランドがやっても同じことは出来るけど、自分たちが最初にやれば、もしくはそれをやり続ければ価値に繋がるんじゃないか、と言う視点は置き去りにされることが多い。「ブランドマーケティングはこうあるベき」という概念にとらわれ過ぎて、器用貧乏に陥っているというか。

また、そういう人ほど、どうしても「根拠」を欲しがる傾向にある気もする。我々は根拠を積み上げて提案をするけれど、決済者の特権は、最後は根拠とか関係なく「決定」出来ることなのだから、そこを最大限活用して欲しいと思う。誰も成し得たことの無いことを実現するには必ずそこに「決断」が伴うから。


[PR]

by hf0424 | 2014-04-21 08:55 | Work
2014年 04月 20日

ポジティブ フィードバック

f0147301_21482399.jpg
このところ、あまり本を読んでいないなあ。私の読書欲には波があって、インプットを欲する時はやたら勢いよく読めるのだけど、ダメな時はテンでダメ。先日の出張の帰りは、久しぶりにスイッチが入って、カバンの中に入っていた2冊を行き帰りの機内で読了した。その中の一つは「ホワイト企業」。実は、本書の面白さとは別に、自分が期待した内容と違ったので、読み始めてすぐに読むのを放棄してしまったのだけれど、最後まで読んでいって唯一引っかかったのは「ポジティブ フィードバック」について書かれた内容。

簡単に言えば、読んでそのまま「褒めてあげる」ことなんですが、引用した事例が「スターバックスの覆面調査」だったため、思わず「逆じゃない?」と思って引き込まれた。一般的に覆面調査って悪いところが無いかチェックする、ネガティブ寄りものだと思うんですよね。確かに、もともとスタバもそれを狙ってやってたみたいなんですが、そのうち覆面調査員を店舗側が見破るようになって、制度が形骸化してしまったそうです。その代わり、レジで一定の割合で「当たり」を出し、そのお客さんにお好きなドリンク一杯を贈呈する代わりに、アンケートに答えてもらうようにしたそうです。

すると、お客さんは嬉しさのあまり、アンケートにいいことを多めに書いてくれるんだそうです。ま、当然ですよね。ダメじゃん、それじゃ、というところなのですが、そこがキモだそうで。良いコトをフィードバックされるうちに、良い循環が産まれるんでしょうか、店舗の悪いことが無くなっていくんだそうです。これは目から鱗、という感じでしたね。私は部下を褒めるのが結構苦手な方だと自覚しているのですが、無理に褒める必要も無いと思っていました。ちょっと今回は、意識的に褒める必要を喚起された、そんな気付きでした。

[PR]

by hf0424 | 2014-04-20 22:20 | Work
2014年 04月 14日

久しぶりに...

 気付けば2年くらい、ブログを更新しなくなっていました。その間、何をしていたかといえば、やはりFacebookに時間を取られていたのですが、メディアとしての観点から、やはりフロー型のメディアより、ストック型のメディアを再評価するようになって来ていて、ブログをもう一回書き始めようと思い至りました。さて、一度ヤメてしまったもの、続くかしら。

 また、なぜ書くのか?ということについて、「伝えたい」というのはモチベーションの一つですが、それよりも、書くことで自分の思考を整理したり、思考自体が纏まって行ったり、そう言ったプロセス自体が自分の訓練になる、といったことの方が今の自分には重要かもしれません。前は自己ルールを設けて頑張って書いていましたが、まあ気負わずに書いてみようかと思います。

[PR]

by hf0424 | 2014-04-14 15:20 | Life