酔いどれ広報マン中国をゆく

drunkencn.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2011年 07月 30日

閑散期に思うこと

f0147301_18561696.jpg


足りないくらいが丁度良い
 というのは、人のこと。会社全体を見回すと「潤沢なの人員」というのは必ずしも良いことだとは思わない。我々の業務では、毎年この時期は閑散期にあたる。閑散期といっても、一定の忙しさはあるのだけれど、春と秋〜冬に掛けた殺人的な繁忙期から比べたら、やはり閑散期である。定時を過ぎると、残っているのはマネージャー陣、ジュニアのスタッフほど早く帰って行くのだが、それを見ていると危機感を感じてしまう。なぜそんなに早いのか、なぜマネージャーが残っているのか。

人を使って結果を出す、ということ
 スタッフがマネージャーとして認められるレベルに至るまでに、一つの壁があると思う。それは「スタッフを使う」という壁である。「プレイングマネージャー」とか「現場主義」とか、聞こえの良い言葉もあるが、究極的には会社はマネージャーに対し、スタッフを上手く使って最大成果を出して欲しいわけだ。しかし実は多くのマネージャー、それも責任感の強い人間が、仕事を他人に任せられないことが多い。結果に対して責任感があればあるほど、自分が仕事を抱え込んでしまったり、重要な判断を部下にさせないことが多い。

キャパオーバー、という絶妙のバランス
 人を使えるマネージャーが育たないと、組織の拡大は難しい。では「人を使うのが苦手な」スタッフにどうやって「人を使う」ことを覚えさせるか。それに対して私の答えは、「キャパオーバーの仕事を与える」ことで解決して来た。どんなに忙しくても新規の仕事を取って、もうこれ以上出来ないというスタッフにやらせる。「出来ないというのではなく、どうやったら出来るかを考えて」と繰り返し、人を使うことを説いた。そうして始めて、そのスタッフは仕方なく仕事を自分の手から離すのだ。限られた時間をどう使うかを、初めて考えるのだ。人は仕事に対して少し足りないくらいが良い、仕事は少しキャパを超えるくらいがちょうど良い。そのバランス感が大事だ。写真は京都「いっしん」の肉そうめん。実に赤身と脂のバランスが絶妙だった。こちらは脂が多いと美味しくない。
[PR]

by hf0424 | 2011-07-30 19:45 | Work
2011年 07月 25日

Keep looking. Don't settle.

f0147301_22593539.jpg


もっと本を読もう!
 このところ数ヶ月は、物理的に忙しかったことと、単純に自己解決しない問題がどっしりとのしかかっていて、頭が完全にインプットを拒んでいる状態だった。こう云う時は、ひたすら本も読めないし、仕事以外のアウトプットも出来なくなってしまう。こればっかりは目の前に集中するがあまりの反動で、仕方が無い。本当はもう少しコントロール出来ると良いのだろうけど、こういう自分を飼いならさなくてはいけない。

いずれ劣らぬ良書、おススメです。
 幻冬社の見城社長とCA藤田社長の共著「憂鬱でなければ、仕事じゃない」と、羽生善治氏の「大局観」を読了した。いずれ劣らぬ内容。今の自分に刺さる内容だった。前者は仕事の姿勢を尊敬する二人の本と聞いて、買わずにはいられなかった。ノウハウというよりは、自分を奮い立たせる、勇気づけてくれるバイブルのような感じ。折りをみて読み、自分を鼓舞したい。後者はCA藤田社長のブログでお勧めされていて、それに惹かれたから。こちらは、非常にマネジメントとして興味深い内容だった。後半はやや将棋寄りの話しになるが、前半は良質なビジネス書として読める。マネジメントに重要な、判断・決断についての考察が、深い。

安定を捨てよ、自ら崖に下りよ
 北京の駐在も4年を経過して、新規顧客開発、スタッフのトレーニング、サービス改善、ある程度の成長軌道に乗せたという、自分の中での自負もあります。さらに外部との協業や提携、色々なことを仕掛てきました。もちろん、一方でまだまだな部分も多いのですが。初めて北京の地に降り立ったあの時ほどのチャレンジが出来ているのかと、現在の自分に問い続けなくてはなりません。4年前のあの時と比べたら、今はとても安定していると思います。そろそろ次を考えなくてはいけないかと思っています。定期的に自分で築いたものを捨て、新しい何かにチャレンジしなくては。
[PR]

by hf0424 | 2011-07-25 23:04 | Life