酔いどれ広報マン中国をゆく

drunkencn.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 18日

山西省の面(麺)料理

あー、またもや暴睡してしまい。夕方になってムックリと起き出して、洗濯して掃除して、さあ何か食べに出かけるか、と。ドコに行こうかとフリーペーパーをめくりながら、思い出したのが刀削麺のふるさと、山西省の面(麺)料理店。そうと決まればタクシーに乗ってGO!!

大望路 「面酷山西食藝」
f0147301_2375492.jpg

お店の真ん中では麺釜がグラグラ煮立っていて、その周りで麺を打っている。刀削麺も気になっていましたが、今日試したのはコレ。
f0147301_23101748.jpg

f0147301_2320998.jpg蒸篭の中に縦に丸めた平打ち麺が入っていて、黒酢のタレ、トマトと卵のタレ、羊?のスープの3種類のタレで食す。この麺がモッチモチでうまーーーい、のだ。


この店、その他に刀削面はもちろんのこと全長20メートルにも及ぶ一本面の料理なんてのもある。その面を作るトコを見たけど、圧巻です。どうやって作るのか、百聞は一見にしかず。コトバでは上手く表せません。見たらビックリする作り方です。


しかし、初めて長安街より南の方に来てみましたが、やはりよりローカル、って言う印象を受けました。まだまだ北京、奥が深そうです。



人気blogランキング
ここをポチッとよろしくお願いします。
[PR]

by hf0424 | 2007-08-18 23:25 | Food Gourmet


<< オタクなハナシ      iTunesでヒット!! >>