酔いどれ広報マン中国をゆく

drunkencn.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 03日

中国のメディア事情

f0147301_2102781.jpg
社内の、とあるミーティングでの出来事。


担当するクライアントのイベントを目前に控え、イベントで発信するメッセージを皆で考えていたのです。


通常、イベントでは発信するメッセージをもとに、当日の内容やら装飾やら登壇者やら考えてゆきます。


どうやったらメディアにとって、報道の価値が高いと思ってもらえるか、イベントの内容を工夫したり、当日の登壇者のコメントの内容をみんなで考えます。


ミーティングで、中国ではそれがあまり必要ない、そう言われて驚いた。


なぜなら、こちらのメディアは記事を書くときニュースリリースをコピペして記事を書くから。


当日のコメントは記事にならない。
なぜなら事前のリリースの中にそのコメントは無いから。



イベントに凝るのも当然必要だが、メディアの掲載だけ考えると
ある意味、いかにリリースの内容を上手く書くかということと
記者とのリレーションの方がよっぽど重要なのだ。




また、こんなこともあった。



リリースを書く時の事。


和文と中文を用意するのだが、
中文で「中国」を表記する際、「我国」と書いてあった。


これは、リリースを見た記者が
記事を書くとき「中国」を「我国」に書き直さなくても良いよう
初めからコピペされるのを想定して、そう書くのだそうだ。


うーーーむ。
まったくこちらでは日本でのPRの常識が通用しません。
[PR]

by hf0424 | 2007-07-03 21:15 | Work


<< おみやげ      欲求不満 >>