酔いどれ広報マン中国をゆく

drunkencn.exblog.jp
ブログトップ
2011年 08月 06日

「思い」で仕事をする、ということ

f0147301_1375263.jpg


プロセスを評価するのではなく、プロセスに「思い」がある
 今週は色々なことがあった。思わぬ負けもあったし、思わぬところで足をすくわれたし、目まぐるしく色々なことが起きて、締切的にも量的にも、一つ一つのことに時間が掛けられない現状ももどかしかった。しかしはっきりと思ったことがある。やはり表面的・機械的・効率的に(だけ)物事を捉えて仕事をするのは上手く行かない、と言うことだ。「プロセスを評価して欲しい」というワケではない。そういうことを言う人がいると思うが、それは全く間違っていると思う。が、プロセスの中に「思い」があるということだ。それを共有したい、と思うのだ。

「思い」に突き動かされる
 個人的なスタイルというか、指向性かもしれないが、やはり情熱をエネルギーに仕事をしたいし、その情熱でスタッフを突き動かしたい。出来るだけ自分のエネルギーを前に向けて放ちたい。「思い」で仕事をしたい。「思い」で周りを動かしたい。その思いを突き詰めることに、もっと集中しなくてはいけない。今はちょっとあやふやかもしれない。もっと研ぎすまさなくてはいけないと反省した。

MUNGAI(ムンガイ)のポケットチーフ
 発展的クールビズということで、チーフを活用しております。先日の帰国時に、また買い込みました。色々試しましたが、今のところのお気に入りは、この白い麻のMUNGAI。しっかりとしたコシのある麻。コシがある分、畳むとボリュームが出るので、大判だと胸ポケットの中でかさばります。小さめのサイズのこれは、ポケットへの収まりが良いのです。しかしこのシームの処理。縦糸の数を数えた細かい作業、これまた「思い」のこもった逸品ですな。
[PR]

by hf0424 | 2011-08-06 13:30 | Art Design Fashion


<< ツラいと分かっていても、食べて...      基礎体力 >>